ページの先頭です

トップページ > 症状別解説 > 過敏性腸症候群(IBS) > 職場のストレスで過敏性腸症候群(IBS)です。Part2

職場のストレスで過敏性腸症候群(IBS)です。Part2

メンタルと痛みの専門院
メンタルボディケア吉祥寺の中尾です。

いつもブログを読んでくださってありがとうございます。

本日は、職場のストレスで過敏性腸症候群(IBS)です
という患者さんのお話Part2です。

auto_qzsqnM

前回の続きです。⇒ 職場のストレスで過敏性腸症候群(IBS)です。Part1

初めて指名が取れた日は、褒められて、
会話内容に触れることはなかったそうです。

クライアントさんは「院長のような接客」をしないといけない
と思い込んでいるようですが、そんなことはありません。

指名を取れれば、接客の細かい指示はしないはずです。

野球でいうと打率が良ければ、バッティングフォームは
関係ないことと同じです。

真面目に従順な姿勢をくずさないので、
指示された通りの会話をしようと頑張っても出来ないのです。

結果を出して信頼関係ができれば、
自ずと結果(指名)はついてきます。

お客様との会話が苦手ならば、
まずは、聞き上手になるのが一番です。

簡単な質問をして、しっかり「リアクション」して、
話しを膨らますことにフォーカスすることだけですので、
自分が上手に話さないといけないプレッシャーはありません。

整体院であれば、大きくは健康がテーマですので、
「食事」「睡眠」「運動」がいいですね。

これに関しては、皆さん気になるところですので、
簡単な質問でごく自然なコミュニケーションができるはずです。

答えにくいような難しい質問はNGです。

人間は自分のことを知って欲しい願望がありますので、
お客さんにたくさん話していただければ嬉しいものです。

そういう脳の仕組みなのです。

治療系の整体院より、癒し系の整体院ならさらに良いですね。

因みに当院は、整体院ではなく、
カウンセリング系の治療院ですから、
メンテナンスの方以外にそのような雑談はほとんどありません。
(雑談のような感じでMBコーチングはしています)

お悩み以外の会話はしなくても、
沈黙であっても問題はありません。

今回のクライアントさんは数回の施術で、
過敏性腸症候群(IBS)と多汗症が改善。

過敏性腸症候群(IBS)は重い病気ではないので、
治らないことはありませんからね。

症状は改善できたので、
あとはコミュニケーションの成長が楽しみです。

auto_scAOVi

※2月11日の木曜は祝日のため9:30~20:00まで営業いたします。

auto_Keubsm

インフォメーション

メンタルボディケア吉祥寺

メンタルボディケア吉祥寺

お問い合わせ・ご予約:0422-23-2200

地図

東京都武蔵野市吉祥寺本町2-10-12-3F
吉祥寺駅北口徒歩3分

最新情報

友だち追加