ページの先頭です

トップページ > 症状別解説 > 過敏性腸症候群(IBS) > 職場のストレスで過敏性腸症候群(IBS)です。Part1

職場のストレスで過敏性腸症候群(IBS)です。Part1

メンタルと痛みの専門院
メンタルボディケア吉祥寺の中尾です。

いつもブログを読んでくださってありがとうございます。

本日は、職場のストレスで過敏性腸症候群(IBS)です
という患者さんのお話です。

auto_qzsqnM

30代前半の男性、
職場のストレスで、過敏性腸症候群(ガス型)と
足の裏に異常に汗をかくということを訴えてご来院。

仕事は整体師です。

ストレスは明確で、上司である整体院の院長のプレッシャーです。

まだ、整体師としては新人で、
まだ自分自身にも「自信」を持てていません。

他の新人は院長のプレッシャーで辞めていきました。

クライアントさんは一人前になって独立したく頑張っていますが、
半端ないストレスで自律神経に影響しています。

仕事中、院長の視線が気になって声がでない(小さい)し、
お客さんとのコミュニケーションも苦手です。

それに施術中の過敏性腸症候群(ガス型)と多汗症で、
臭いも気になってさらに緊張が増強します。

元々人見知りで、コミュニケーションが苦手ということですが、

ただそれは、今まで人と接する経験が少なかっただけです。

気にすることはありません、経験を積めばできることです。

『でも、どうお客さんに接していいか分かりません』

クライアントさんの施術が終わった後、
院長から、「お客さんとの会話が出来ていない」と、強く怒られるそうです。

また怒られるかもしれないという緊張が高いせいか、
接客思考が固まってしまうようです。

ただ、よくお聞きすると院長先生が怒るそもそもの理由は、
お客様から指名が取れていないからだということが分かりました。

初めて指名が取れた日は、褒められて、
会話内容に触れることはなかったそうです。

次回へ続く。。。

auto_scAOVi

※2月11日の木曜は祝日のため9:30~20:00まで営業いたします。

auto_Keubsm

インフォメーション

メンタルボディケア吉祥寺

メンタルボディケア吉祥寺

お問い合わせ・ご予約:0422-23-2200

地図

東京都武蔵野市吉祥寺本町2-10-12-3F
吉祥寺駅北口徒歩3分

最新情報

友だち追加