ページの先頭です

トップページ > 症状別解説 > うつ病 > コーヒーとうつ

コーヒーとうつ

メンタルと自律神経の専門院
メンタルボディケア吉祥寺の中尾です。

いつもブログを読んでくださってありがとうございます。
本日のテーマは、コーヒーとうつです。

コーヒーとうつ
コーヒーはうつ病の患者に良くないという話しは聞きますが、実際にはどうなのでしょうか?

コーヒーは興奮や緊張に繋がるカフェインが含まれているので、精神安定剤、抗不安薬、鎮静、リラックスさせようとする薬とは正反対のもので控えた方が無難です。
しかしながら、

ハーバード公衆衛生大学院の研究チームによると、1日に2~4杯のコーヒーの摂取は、成人の自殺の危険性を約50%減らす作用があり、その原因はセロトニン、ドーパミンおよびノルアドレナリンのような神経伝達物質を分泌させる作用がコーヒーにはあるとの事。

 

アメリカ国立衛生研究所の研究によると、コーヒーを1日当たりに4杯以上飲んでいる人は、コーヒーを一度も飲んだことのない人と比べてうつ病になる可能性が約10%低くなるという。研究を率いたHonglei Chen博士は、「コーヒーに含まれるカフェインではなく、抗酸化物質が主な理由である」と説明。

 

韓国の全南大学校医学部の研究グループによると、週1杯未満の摂取を基準としたうつ病発症の危険度を計算した結果、週に1~6杯では1割弱の減少、
1日1杯では約4割の減少、
1日2杯では約3割の減少、
1日3回以上では約4割の減少となったといいます。

 

以上の事から、全ての人に珈琲=鬱に良いや珈琲=鬱に悪いとは言い切れないですね。
結果的に言えることは。。。

コーヒーが良い面。

うつ病発症の予防に効果が期待できる。

 

コーヒーが悪い面。

うつ病を発症した後にコーヒーを飲むと、脳内物質の影響でうつに悪影響がある場合がある。

 

コーヒーとうつと女性
それと、砂糖はメンタルの安定に必要なカルシウム値を下げてしまうので控えた方が良いです。
うつは味覚が分からなくなってしまうことが多いですが、元々コーヒーが好きな人にとっては飲むのがうれしくてリラックスを伴うものという潜在意識がありますから効果が期待できますね。
うつでお悩みの方はお気軽にご相談ください。

インフォメーション

メンタルボディケア吉祥寺

メンタルボディケア吉祥寺

お問い合わせ・ご予約:0422-23-2200

地図

東京都武蔵野市吉祥寺本町2-10-12-3F
吉祥寺駅北口徒歩3分

最新情報